読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人材業界探偵社

人材会社の採用戦略担当から見たHR業界の不思議な世界

第6章:スポーツ業界におけるスローガンの意味合いとは?

企業理念 採用 求人 経営理念 転職 フリーター アルバイト アメフト NFL サッカー

f:id:hashiramotoh:20160516195929j:plain

 

目的はただ1つ、勝つため?ですか?

先日、人材系の会社の企業理念をちょっと見てみましたが、実際問題、ビジネスの中で企業の存在意義、事業目的は多岐にわたり、理念浸透の難易度は組織が大きくなるにつれて上がります。では、組織の目的、目標が「勝つ」という理念で統一しやすく、ファンというステークホルダーとも共有しやすい、スポーツの分野ではどんなものでしょう?と思ったのと、単に自分の趣味がこちら方向である、という理由で考えてみました。目標である「勝つ」ことだけではなく「勝つ」ための哲学、チームのあるべき姿、理想が表現されてますかね?

あと、私は高校、大学とアメリカンフットボール部だったのでめちゃくちゃ偏りがあります。。

日本のプロ野球Jリーグは毎年変わるみたいだ。

2016年プロ野球各球団のスローガンはこちら。(抜粋)

ソフトバンク 熱男2016

●ロッテ 翔破~熱き心で!~

日本ハム 爆ぜる

楽天 夢と感動

オリックス 俺のオリックス

●ヤクルト つばめ進化

●巨人 一新~GIANTS PRIDE 2016~

阪神 超変革 Fighting Spirit

●広島 真赤激! Burn it up!

●中日 竜魂燃勝

 

Jリーグはこちら。(抜粋)

鹿島アントラーズ Football Dream ともに 

柏レイソル 柏から世界へ UNIDOS SOMOS FORTES

FC東京 Challenge the Top ~頂戦~ 

湘南ベルマーレ 挑越(ちょうえつ) ~湘南EXPRESSは2016年も走り続けます~

ヴァンフォーレ甲府 総力 ~プロヴィンチアの挑戦~

 

ふ~、絶句。。。いや~、もうこのくらい出せば十分でしょう。。。何ですかこれは?

きっと、それなりのコピーライターなんかが知恵を搾り出して作ったんでしょうね。

個人的には応援する気も失せますけど、いいの?これで?なめてない?

「俺のオリックス」って信販カードの宣伝ですか?どっかの飲食店パクリました?

とりあえず、すべて突っ込みどころ満載でしょう。仮に、とある会社がこれらを社訓としていたら就職したいと思いますか?

唯一、甲府のスローガンだけは地方クラブとしてがんばってほしいと思いますね。

こんな1年限定の腰掛理念を考察したいわけじゃないということだけは改めて明確になりました。もっと勝ち負けをも超越した、普遍的な、聞いただけで誰もが誇りに思うようなチームスローガンってないのでしょうか?

Mes que un club クラブ以上の存在

来ました!これはサッカー業界では説明不要。クラブの哲学、歴史そのものです。まずカタラン語であること、単なるスポーツクラブの域を超越したアイデンティティーを感じざるを得ません。

クラブのソシオ(会員)数、世界中で約17万人、年会費約18,000円くらい。プレミアのチームが約6,000円くらいですから3倍の価格です。しかし、現在新規入会はできないにも関わらず、このクラブの会員になりたい、という人は後を絶ちません。日本でソシオになっても実利はほぼないです。会長選挙の投票権があっても現地でしかできませんからね。サッカーに限らず、世界中でこれほどのスローガンはめったにないでしょう。

Fino alla fine     JUVENTUS

つい先日、悪いニュースで話題になったのが、このユベントスのスローガン、Fino alla fine です。チャンピオンズリーグで対戦するバイエルンがこのスローガンを使って、やりすぎた画像を作った、という話です。

「最後の最後まで」という意味らしいですが、結果至上主義、鉄壁の守備で1-0で勝つことを美徳とするお国柄、チーム哲学、理想を表してます。バルセロナは1-0で勝つより、3-4で負けることのほうが美しいという考えを持ってますが、まさに真逆といえますね。

ハーフタイム

毎年のようにコロコロ変わるスローガンではチームの哲学、理念は熟成されていかないだけでなく、むしろばかばかしくも思えます。一方、長い時間をかけて育まれたバルセロナユベントスの理念は見事に実態を表しています。このような理念の下にいい選手、監督、ファンが集うから、強いのだということです。企業も同じで、理念なきところに人は集まらないし、成長もないと思います。

また後半はアメリカンフットボールの世界観でいきましょう。

完全に個人の趣味の世界です。

あ、採用とか人材業界の話、まったく忘れてたわ!