人材業界探偵社

人材会社の採用戦略担当から見たHR業界の不思議な世界

「美人」で採用活動するのは悪いことなんですか?

「美しすぎず、ちょうどいい感じの美人な人事担当者がいる4社合同説明会」

nlab.itmedia.co.jp

先日、上記のタイトルがついた、来年度新卒の会社説明会が発表当日にサイト炎上、イベント中止となる事態が起きました。理由はお察しの通り、「セクハラだ」「性差別だ」という批判です。

企画するほうのセンスもどうかと思いますが、中止するまで批判するのも窮屈だなぁ、とも思ってしまいます。何言われても強硬してやればいいのに。

そこで疑問ですが、容姿を採用に有効活用するのはダメなんですか?

個人的にはヒステリックな批判は無視して、倫理的に許される範囲内でどんどんやってしまえ、と思います。

せっかくの「美人」というリソースを使わないなんてもったいないでしょ。

こんな「ちょうどいい」じゃなくて、「自慢の美人担当者」くらい煽ればよかったのに。中途半端にやって一般大衆の怒りを買うのはまずいですよ、やはり。

残念ながら美人というアドバンテージを何1つ活かせませんでしたね。

もはや何でもありじゃないですか?

最近の採用活動は実に多様化してます。

変態採用とかマージャンしたり、ボーリングしたり、焼肉食べたり、寿司食べたり、アイデア次第で何でもありかしら?の様相です。「最終面接でロン!」って。。

www.bstylegroup.co.jp

 

www.j-cast.com

 

さらに女性人事を前面に押し出したこれ。

www.bijinji.com

 

まあ、こんな背景で、1つの集客要素として「美人」をキーワードにしたらどうよ?となる気持ちも分かります。鈍そうなおっさんが考えそうなことです。だって、「超美人」じゃなくて「ちょうどいい感じの美人」とか容易に手が届く感をアピールしてる時点でアホです。直接的に「美人」を言わばエサにして男子学生を集めようとしたら叩かれても仕方ないですね。残念ですけど。担当者が美人だからって集まってくる学生も所詮はそのレベルなんじゃないの?と思います。

顔採用したっていいでしょ

どんな人を採用するか?にはいろんな価値基準があっていいと思いますし、マージャン強い人を採用するのもボウリングうまい人を採用するのも容姿端麗な人を採用するのも別にいいでしょう。だってそこに価値を見出したんだから。給料払うのは会社だし、どんな仕事に就かせようが、外野がとやかく言う問題ではないですよね。

採用活動において、学歴と同様に容姿というフィルターが存在すると考えるのも普通でしょう。純粋に能力のみで評価される、とかあまりにもセンチメンタルすぎて現実離れしてます。

最近よく耳にする「キラキラ女子」というのも公言はしてないけど顔採用でしょ?もうみんなわかってるじゃないですか。

だったら全部オープンにしようよ

というのが言いたいことです。

裏の基準があるのにそれを隠している、というのは本来の目的からすれば不親切だと思います。すべてオープンになっていれば、人間バカではないので、自分でフィルターかけて諦めざるをえないものは諦めるでしょう。

肝心な部分を見せない大人の事情で双方にとって無駄な努力、無駄な時間が発生している現状はよろしくないんじゃないでしょうか?

先の「美人事」に載ってる会社なんかサイト見てる限り、

「容姿が基準以上でないと採用されないな、これは」

と考えるのが普通の感覚だと思いますよ。

「美人」で採用活動させていただきます。

私もスタッフを採用するためにいろんな施策を考えなければならない立場なのですが、あえて堂々と美人を活用させていただきます。

ただ、起用方法は全然違います。うちの会社は多拠点展開しており、地元密着でやっています。で、メインは派遣の男性登録スタッフの募集です。

そこで各地のいわゆるご当地アイドルを起用させてもらいます。1日面接官とかいう形で集客を手伝ってもらいます。SNS、自社HPなども告知に使いながら男性スタッフの集客を考えています。私がtwitterなどでいろんなアイドルと接点を持っているのはこのためです。単なる趣味などではそこまでやりません。これでもNGですか?炎上します?

近いうちに本当に動き出すつもりです。

そのときはまたお知らせさせていただきます。

 

f:id:hashiramotoh:20160607101044j:plain

 


にほんブログ村