読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人材業界探偵社

人材会社の採用戦略担当から見たHR業界の不思議な世界

女性が活躍できる世の中になるかはおっさん連中次第?

f:id:hashiramotoh:20160722200625j:plain

女性活躍推進法施行から約4ヶ月経ちましたけど。。。

正直なところ、何か変わった?っていうと何も変わりません。

だって私のいる会社は300人以下なのですべて努力義務だからです。

しかし、しばらくする間に300人超えてくるのも時間の問題であり、何か準備してるか?って言うとまったくしてないわけで、やばい?でも何から手をつけるかも考えてないでしょ、って空気なのでこの機会に自分なりに考えてみますかと。

新卒社員はなぜ女性のほうが優秀なのか?

なぜこんなことを考えているかというと、先日かつての同僚が、長年の疑問が晴れた、とか言って嬉しそうにしているので聞いてみると、

「何をニヤニヤしてるんすか?気持ち悪い」

「なぜD社規模の会社の新卒は女性のほうが優秀なのかわかりますか?」

D社とはある上場ネット求人広告会社で我々が一緒に仕事していた会社です。

「いや、まったく」

「ぼくずっと疑問だったんですけどようやく理由がわかりました」

「へぇ~、どうしてですか??」

「どうしてだと思います?」

「いや、わからないから聞いてるんで、さっさと教えてもらえます?」

「ちょっと考えてみてくださいよ」

「それが面倒なんで早く言ってもらっていいすか?」

そんなやり取りで、結局なぜかというと、

子供のころから大学卒業まで学力レベルの偏差は男女均等であり、概ね100人いたら男女比は50:50、学力レベル分布もほぼ同数だと。たとえば、超秀才は男女ともに5人づつ、優秀は10人づつ、普通は15人づつ、バカは5人づつ、みたいな感じになります。

ところが、新卒就活での人気トップ企業群の採用男女比は、ざっくり8:2で男性を多く採用していきます。

すると男性の優秀な人のほうから数的に多く人気上位企業に入っていくので、中堅のD社のころには女性は優秀な層が残っていても、男性は普通の層になっている。よってD社に入社してくるのは恒常的に女性のほうがスペックが高い、というのは必然の帰結である、というような話です。

「ぼくこの話聞いて久しぶりに20へぇ~くらいしましたよー」

「ふぅ~ん、なるほど、なるほど」

「え?納得しないんですか??」

「いや、ごもっともです」

などという会話を繰り広げながら、私は今の女性活躍のことを考えてました。

そんなに男性をたくさん採用する企業が多い世の中ってどうなんだろう?現実問題として当然理解はできているのですが。。

何のための女性活躍なの?

そもそも論として女性が活躍できる社会、会社であるほうがいいよね、っていうのは誰もが思うところでしょうが、この国の現状においては「労働力減少」という課題が背景にあって、本当の意味での女性が活躍できるインフラが国、企業に整備されてるんでしょうか?少なくともうちの会社はソフト、ハードとも極端に未整備ですね。

自分のことを振り返ってみても今まで女性社員はいくらでもいる環境にはいましたが、上司が女性であった経験はありません。

ぶっちゃけ想像もなかなかできません。恥ずかしながら絡み方がわかりません。女性管理職比率30%目標といわれてますが、私のようにどうしたらいいかわからない、という男性も多いんじゃない?って思います。一方で女性のほうも管理職いやだ、っていう人もいたりしないですか?そこまで責任持つのもなーっていう。

で、行き着くのは

働き方とか仕事観とかキャリアパスとか人それぞれ違うはずだけどね

ということで、ここを制度、仕組みで数値化して当てはめてしまうのはどうなの?って思ってしまいます。

と同時に自分のような男性側が変化しないと結局うまくいかないんです、きっと。

いろんな選択肢があっていいんじゃない?

先の法律に反対する人は約35%だそうです。

理由はどこにあるか知りませんが、私は個人的には採用に関わっている立場としても女性が活躍できる会社にしたい、という思いは根底にあります。

単純にモサいおっさん連中だけで仕事してるのは気が滅入るってこともありますし、今の社内の仕事の取り組み方、思考がやっぱり硬直化してる、縦社会すぎる、って感じます。それが居心地がいいんだ、って主張し続けるのは企業風土、文化としてはありかもしれないですが、もはや時代錯誤でもありますね。

一方的に批判する気はありませんが、

変化を受け入れないと生き残っていけない時代です。

で、いろんな選択肢があって、それぞれ個人の考えでキャリアを選ぶことができるようにしていかないと組織も成長しないんじゃないかという気がします。

まとめると

おっさん連中が考えを改めるべき時が来たんですよ。

女性の部下が苦手で。。とか、

女性の上司はちょっと。。とか

言ってる場合かってことですね。

いままでできてないんだったらこれを機会にやってみればいいんじゃない?と私は思います。それで失敗してもやらないで避けてるより得るものは多いはずです。

ってことで女性採用強化はダメですかね??