読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人材業界探偵社

人材会社の採用戦略担当から見たHR業界の不思議な世界

求人広告にお金をかけ続けるのって意味あるの?

f:id:hashiramotoh:20160817190624p:plain

 

前回は、求人媒体なんかなくなってしまえ!

というような主旨で行きましたが、批判するだけで代案を提示しないのも不公平というもの。その辺りも踏まえてこの先どうするのがいいか考えてみましょう。

広告課金型の求人媒体は儲かっている

前提としてこの業界、対前年で約130%くらいの成長をしています。日本の経済成長が0%台だとするなら、凄まじい数字ですね。

じゃあなぜそんなにも右肩上がりなのか?

慢性的な人手不足、売り手市場という要因とともにいくつか理由があります。

まず、ネット媒体の場合、仕入れが不要です。つまり、一定の損益分岐を超えたらすべて利益になります。

さらに採用結果にコミットしてるわけではありません。あくまで広告なので採用できようが失敗しようが知ったこっちゃありません。責任のない商売です。

今まで1週間掲載すれば採用できてたものが、応募来ないので仕方なく掲載期間が長くなってしまいます。さらに「もっと目立たせましょう!」みたいな的外れな提案に騙されて、大きな枠で掲載してしまい、単価も上がります。

ついでに「求職者に新鮮な情報を」みたいな理由で掲載期間を短縮化してきます。今まで1ヶ月掲載できてたものが2週間で打ち切られるようになります。

そんな具合で知らぬ間に搾取されてるパターンです。

重ねて言いますが、この業界、130%で成長しています。

この状況が続けば、そら儲かって仕方ないでしょう。

求人媒体に掲載するメリットって何?

一方で求人広告って何十年と続いてるシステムですから、当然メリットもあるでしょう。

まず求人広告で採用を成功させようと思えばいろんな要素が必要になります。

1、企業力・・・求人する企業自体の魅力、仕事のやりがいとか。

2、媒体力・・・たくさんの人が見るメディアなのか。実績とか。

3、表現力・・・原稿の力。仕事、会社の魅力を求職者に伝える力。

これ3つ揃って効果がでます。

2と3は自社ではどうにもならないので手軽な求人媒体に依存することになります。

あとは短期間で一定の頭数の人員を揃えたい場合はいいでしょう。

採用も何年かやってるとデータも蓄積されてくるので、新しいことに手を出すより、惰性で経験則や確率論、勘などを駆使して使ってしまっているのではないでしょうか。

ただ、今までは良かったとしてもこれからどうか、ってとこですね。

まあ、メリットはそれなりにあることは理解できます。

採用にかかるお金も右肩上がり

求人媒体会社が毎年130%の成長をしているということは、同時に我々が掲載料などとして採用にかける費用もかなりの右肩上がりだということに他なりません。

「このご時世だから仕方ないよねー」

「採用にかけるお金は削られないからねー」

そんな寝言を言ってる暇はありません。

一刻も早く、求人媒体を使わずに採用できる方法を考えて実行しないとヤバくないですか?と私は思います。

じゃあどうするの?

って言っても当然ですけど求人媒体会社の営業マンは教えてくれません。

というよりだいたい彼らはそこまで考えていませんし、答えられません。

なぜなんでしょう??

売上至上主義、クライアントの採用は二の次

私の経験からしてそういうことです。

いかに売上を上げるかがすべてであって、クライアントのことは見えてない営業マンが本当に多いです。

まあ、言ってみれば誰でもできる仕事でもありますし、長く続ける仕事でもない。数年もやれば先が見えてきますし、飽きてきます。自分の守備範囲外の情報まで取りに行く人は希少です。

事実、私はいろんな人材系の営業マンに、AI、チャットボット、リファラル、ダイレクトリクルーティングなどに絡んだサービスを実名出してどう思うか?などと聞いてみますが、ほとんど会話が成立しません。とくに求人媒体会社、その代理店の営業マンにおいて顕著です。残念ながら何も知りません。

年間130%の成長をしていてもそんなレベルです。

普通の感覚なら、そこまで成長している業界なら異業種から優秀な人材が高給で参入してきてもいいはずですが、そんなことも起きてはいません。

相変わらず低い報酬で替えの効く若者を大量採用して数年で離脱していくシステムでやってますからね。

 

 

まとめると

結論はすべて自社採用HPで完結できれば理想です。

で、求人広告には頼らず、現在のようにそこにお金を投下し続けるのは止めて、その資金を他のところに向けましょう。

求人媒体は掲載されてる期間はいいですけど、終わると同時にゼロです。そんな他人の土俵で相撲をとるような行為はもうやめていきましょう。

今は本当にいろんなサービスがありますから。

では、うちの会社はできてるのか?と言われれば正直できていません。

社内に蔓延る昔ながらの求人媒体依存マインドを改革することから着手していますが、なかなか簡単にはいきません。半年前とかに比べると徐々に変わってはきていますけど。

具体的にどうやって進めていけばいいのか?

どんな使えるサービスがあるのか?

についてはまた次回ということで。